本文へ移動

メールマガジン最新号

メールマガジン

四国バス協会メールマガジン(第2号)

 

1.四国バス協会(清水一郎会長)が、四国運輸局長に対し、バス事業支援を要望 


 

 2 月 18 日、四国バス協会 (清水会長、佐藤副会長、片岡副会長) は、上園四国運輸局長に対し、

新型コロナの影響に対するバス事業支援を要望 。 また口頭で エッセンシャルワーカーとしてのドライ

バーへのワクチン優先接種も併せて要請。 バス事業は「戦後最大の危機」と言っても過言ではないほど、非常に厳しい状況。路線バスは、地域の交通確保という使命から、コロナによる自粛期間中も運行を続けざるをえず、結果として、企業の存続に関わるほどの多額の欠損を計上。また、貸切バスにおいては、観光需要の大幅な減少により経営状況は大変深刻。バス事業者は限界まで切り詰めた収支改善を行い、かろうじて事業継続している状況にあり、このまま推移すれば四国内から大半のバス路線が消滅することとなることを危惧することを踏まえ、 運行費補助支援の充実、運賃の弾力的な改定、イコールフッティングの観点での支援を要望した。

 

2. フレックスタイム制を導入(株式会社伊予鉄グループ)


 

令和2年10月、株式会社伊予鉄グループは、働き方改革と、従業員のワーク・ライフ・バランス向上

を目指し、「3カ月のフレックスタイム制」を導入した。
https://www.iyotetsu.co.jp/topics/press/2020/0925_g3fx.pdf 


 

 【発行】 

一般社団法人四国バス協会

〒 760-0021  香川県高松市西の丸町 1 番 26 号

TEL : 087-851-2320   

http://shikoku-bus.jp/ 

 
TOPへ戻る